丸顔の人に似合うメガネフレーム

メガネフレームで顔の印象は変わる

視力の矯正目的だけでなく、ファッションアイテムとしても幅広く使用されているメガネ。そんなメガネの印象を決めるのが、メガネフレームです。メガネフレームの形状を変えるだけで、顔の印象は大きく変わります。自分の顔の輪郭と合わせて考える事で、より顔の印象を引き立てることも可能です。顔の輪郭とメガネフレームの形状の相性を考えて選べば、より効果的に顔の印象を高める事ができるでしょう。また、自分の顔にあった大きさ、形状のメガネを選ぶ事で、弦をひっかける耳や弦の当たる顔の側面への負担、掛けた時の違和感も軽減する事ができます。では、丸顔の人の場合は、どのようなタイプのメガネフレームを選ぶと、より自分の顔を引き立てる事ができるでしょうか。

曲線と直線を組み合わせると印象は引き立つ

丸顔の人の場合、顔の縦方向よりも横方向の方が比率が高いため、全体的に顔の印象は柔らかく見える事が多くなります。そのため、直線的なフレームを合わせる事で、曲線と直線がバランスよく組合い、整った印象になりやすくなります。

例えば、直線的なスクエア型のメガネフレームを合わせると、丸顔の柔らかさをしっかりと引き締め、穏やかさの中に知性を加えてくれます。スクエア型よりやや曲線的なハーフリムなら、ほどよいバランスで顔の輪郭をすっきりと見せてくれます。あえてフレームのないリムレスでスマート感を演出するのもいいかもしれません。逆にウェリントン系やボストン系等の曲線型のフレームは輪郭を膨張させる効果があるので、注意が必要かもしれませんね。

© Copyright Important Fashion Glasses. All Rights Reserved.